2016年05月28日

3月、4月のこと

こどもの里では、毎年3月31日の年度の最終日に「なんでもパーティー」をします。

こどもの里のこどもたちの卒園や卒業、就職、結婚、出産、進級などをみんなでお祝いします。
「なんでも」お祝いをするのです。

こういった大きなイベントが始まる前、こどもたちはちょっとうかれている様子になります。
この日は、パーティーの前にみんなで、なぜか「だるまさんがころんだ」をしていました。

5-5blog (1).jpg

お祝いごとですので、料理上手なスタッフが腕によりをかけてごちそうを作ります。
おいしいですよ。みんなで食べるとなおおいしい。

卒園、卒業したこどもたちに花道で入場してもらい、記念品を渡して、みんなで1年進級したことをお祝いしました。そのあと、みんなで乾杯し、ごはんをたくさん食べました。

5-5blog (4).jpg

枝まめをひたすら食べまくるこどもたちが毎年います。
名付けて、「底なし枝豆小僧たち」!!ポテトもそうですよね。

5-5blog (2).jpg

パーティーの最後にビッグなサプライズがありました。

な、な、なんとーーーー

こどもの里スタッフの2人が結婚したのだーーー。アンビリーバボー!!
そのとき、1Fホールはサッカーのゴールの瞬間のようにゆれました。

そのあと、ケーキ入刀と電撃入籍記者会見が行われました。
「いつから付き合ったのか?」
「どっちから告白したのか?」
「どういう条件でつきあったのか?」などなどこどもたちの容赦のない質問攻めでした。

5-5blog (3).jpg


4月には親子遠足でイチゴ狩りにいきました。
イチゴのビニールハウスのなかをひたすらみんなで食べまくっていました。

blog2.jpg

blog.jpg

兄と妹です。かわいいですね。


春も過ぎ去ってしまいます。


PS 2/26のブログを公開しました。よかったら、そちらも読んでください
posted by kodomonosato at 20:44| Comment(0) | TrackBack(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年05月12日

「さとにきたらええやん」

こどもの里のドキュメンタリー映画「さとにきたらええやん」

こどもの里に、時にはボランティアやらアルバイトやら遊びにやらと色々と関わってくれている
重江良樹君(通称:シゲ)が監督・撮影を行った映画です。

東京「ポレポレ東中野」では6月11日〜
大阪「第七藝術劇場」では7月2日〜(6月19日有料先行上映あり)
他 全国順次公開となってます。

是非、足を運んでくださいませ★

さとにきたらええやん.jpg

予告編↓


詳しくはホームページをご覧ください↓
news1-2.png

posted by kodomonosato at 15:08| Comment(0) | TrackBack(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年05月08日

スタッフの感想(ぼやき)A「失敗すること」

久しぶりです。バタバタバタとしていました。

スタッフのぼやきコーナーです。

以前にどこかで聞いた話ですが、ブータンという国での幸福度の調査をすると他の国よりもとても高いと聞きました。詳しいことは知りませんが、おそらく物質的には今の日本の方が豊かといえるでしょう。あるいは、昔の日本(たとえば江戸時代とか)と今の日本を比べると物質的には今の方が豊かだが、今の方が幸せといえるか?私はいえないと思います。

今の日本は核家族化が進み、機械やインターネットなどでさまざまな用事を済ますことができます。その分、”助けあわないと生きていけない”という状況になることがない=便利=孤立が生まれやすくなっていると思います。そして、自分たちで自分たちの生活を支えることが当たり前になり、誰かに助けを求めることが恥ずかしいことだという価値観があると思います。

みなさんは”失敗することが許されない”と思っていませんか?

日々、こどもたちを見ていても小さいものから大きなものまでたくさんの失敗があります。おしっこをもらしてしまった、ジュースをこぼした、友達をたたいてしまったなどいろんな”失敗”があります。おとなにも当然、”失敗”はあります。だけど、そんな”失敗”をおとなに見てもらい、いっしょにふりかえり、次の自分に生かすことができたら、人は豊かに暮らすことができると思います。

それはみんなが助け合って生きていくことと密接につながっていると思います。人間は誰かと関わって生きることができるのです(なんかかっこいいこといいますよね)。

失敗したときに友達や優しい大人が声をかけてくれたりすることで人生は豊かになるのだと感じます。それは本人の「生きていいんだ」という自己肯定感と「生きるんだ」という自信につながると思います。
posted by kodomonosato at 15:32| Comment(0) | TrackBack(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする