2016年02月26日

「にしなりあそぼーパーク」でのこと

突然ですが、問題です。

blog.jpg

この↑少年は細長い緑の物体を頭に巻きつけて、自分のことを「○○○○さん」といいました。さて、この少年は自分のことをなんてゆったでしょうか?

上の写真は1月末に西成公園で行われたイベント「にしなりあそぼうパーク」でとったものです。
略して”あそパー”といわれるこのイベントは年に数回おこなわれます。
今月にも行われました。

自由に持ち込みで炭焼きバーベキューをしたり、小さな紙飛行機を作るコーナーや乳幼児さんのコーナ−、公園でふるまわれる豚汁を作る料理教室やもちつきなど”食べて遊んで、食べて遊んで”とこどもたちが生き生きとするイベントです。ちょっと遅い報告ですが、写真で少しお伝えします。

blog4.jpg

「あそぼうパーク」では料理のお手伝いをするなど会場内で働くと”かえるポイント”をもらえます。そのポイントでお菓子やおもちゃをゲットすることをできます。

blog3.jpg

会場のなかを「あそパー号」というリヤカーでぐるぐる回れます。もちろん、ひくおとなはとってもしんどいです。

blog5.jpg

工作コーナーでは大きな板やのこぎり、くぎなどが置いてあり、おとなの助けを借りながら好きなものをつくれます。

blog6.jpg

公園にはたくさんのダンボールが置いてあります。ダンボールで迷路を作ったり、家をつくったり、そのままダンボールの上で暴れることができます。

blog8.jpg

中高生たちがおもちをついてくれました。おとなだけでなく、若い青年たちのボランティアもイベントを支えてくれています。

blog7.jpg

上の写真の男の子は素敵な笑顔ですよね。家から持ってきた、バーベキューの食材(ピーマンとかたまねぎとかしいたけとか)を生のまま食べて、なぜか笑顔です。「ピーマンからい」といっていました。

blog9.jpg

焼いたおもちを食べる女の子。なんとなくもちと女の子が同じみたいに見えませんか?


さて、最初の写真の男の子がいった言葉とは、、
「ごんべぇさん」でした。

ちゃんちゃん。

posted by kodomonosato at 13:51| Comment(0) | TrackBack(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年02月05日

1月の行事+スタッフの感想@「選ぶこと」

あっという間に今年も2月になりました。

こどもの里の1月は恒例行事でいっぱいです。

お正月のゲーム大会では、はねつきやかるた大会、こま大会、オセロ大会、福笑い、豆はこびなど盛りだくさんです。こどもたちは大会などの競争というか目標があると少し緊張しながら真剣に取り組みます。

はねつきで負けたらこんな顔になっちゃいます。

blog.jpg

blog2.jpg

blog3.jpg

変な顔ですよね。

blog.jpg

どうですか。みんな真剣な表情していますよね。


さて、ここからは個人的な感想ですが、
こどもたちがこどもの里にあそびに来た時に、すごいなと思うのはあそびを「選ぶ力」です。
1Fホールの周りに雑然とならんでいるおもちゃやマット、おりがみなどをみてこどもたちは思い思いにあそびをえらびます。自然にしていることだと思いますが、あなた(おとな?)がもし、こどもの里にきて「自由にあそんでください」といわれたときにあそべるでしょうか↓。

blog.jpg

現代社会では、小さなころから習い事や携帯ゲームやテレビに囲まれて育つこどもたちがたくさんいます。そんな環境にあるこどもたちは果たして”何かを与えられていない状態”でしっかりと「自分で選びとる力」が育っているでしょうか。

実際に、そういう”あそべない”こどもたちをみかけたことがあります。何もせずただ座っているような。

こどもは本来、あそびの天才だと思います。
おとなの考えが及ばない視野の広いあそびをこどもたちは発見する天才です。

その才能をおとなの側が方向づけてしまうことは非常に残念なことだと思います。
もちろん危険は取り除かないといけませんが、”こどもたちの視点にたったあそび”をおとなは足りない想像力で想像しなければなりません。それがおとなのできることではないか。するべきことではないか。

なるべく、『手と口をださない』ことを念頭においてこどもたちと接しないといけないと思いつつ、ついつい口をだしてしまいますが(反省)、こどもたちの”あそぶ力(えらぶ力)”が結局は自立していくときの”生きる力”になっていくのだと思いいたる今日このごろです。

みなさんはどう考えますか?


おまけ

先日の誕生日会でのこと。

blog.jpg

「ハッピバースデイ ツ― ユー♪」とみんなに歌われる中、恥ずかしそうにする女の子。とってもかわいいですよね〜(誕生日会でボランティアの北村さんからいただいたアップルパイ、おいしかったです)。
posted by kodomonosato at 15:15| Comment(0) | TrackBack(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする