2015年02月19日

映画上映のお知らせ

3月17日(火)
「トークバック 〜沈黙を破る女たち」
を上映します

会場:大阪市社会福祉研修情報センター
上映時間:午後2時15分〜4時15分(開場午後1時30分)
参加費:おとな1,000円 学生500円


上映後(午後4時30分〜5時30分)、坂上香監督をゲストとして迎えトークバックを予定しています。


たくさんの人に見てほしい作品です。
是非、お越し下さい!
なお、当日参加も可能ですが、できるだけ事前にお申込み下さい。
申込、問い合わせはこどもの里まで
(06)6645−7778
kodomo-no-sato@k6.dion.ne.jp

↓詳しくはこちらのチラシをご覧ください↓
トークバックチラシ.jpg トークバックチラシ2.jpg

posted by kodomonosato at 23:38| Comment(0) | TrackBack(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

恥ずかしいことがいえる場所

みなさん、こんにちは。

新年迎えてあっ   ・・という間に2月も半ばになりました。
まだまだ寒い日が続いていますが風邪などひかれてませんか。

うちの娘を保育園に送迎する時、いつもジャンバーを着るようにいうと嫌がるので、
「冷たい風があたったら、寒くないの?」と聞くと
『冷たい風な。おもしろいねん』といってました。
唇がすぐ紫色になって顔色が悪くなるのに、なにがおもしろいのでしょうか。
ほんとにこどもって、おもしろい!

さて、日々こどもたちと接していて少し考え思ったりすることがあります。

先日、中学生のこどもたちが1Fホールでボールあそびをしている時、ある中学生が「○○ってどういう意味?」(○○のことばは忘れてしまいました)とスタッフにたずねます。どうやら学校で耳にした言葉だったけど意味がわからなかったようでした。そのことばの意味を説明しました。

また、ある中学生といっしょに公園で野球をしていたとき、そのこの靴のひもがほどけたままだったのでケガするかもしれないので結ぶように伝えるとなんだかもじもじしています。どうしたんかなと見ていたら、なんと靴ひもが結べないのです。そのあと、靴ひもの結び方を教えました。


日々、生活していて「いまさら聞いたら恥ずかしいから聞きにくいこと」ってありますよね。
特に小学校高学年の思春期にはいるとますます聞けません。
でも、そういうことを聞ける人がいると助かりますよね。

こどもの里はそういう人がいる場所と考えています。
恥ずかしいことを共有できる居場所。

それは「そのままでいいんだよ」ということを居場所で伝えているんだと思います。

みなさんにはそんな居場所がありますか。


さて、1月のことを少し報告します。

年始早々、地域にある萩之茶屋小学校にある萩の森でプレイパークがありました。
木から木へロープをつたってお猿さんみたいにウッキッキといってました。

blog.jpg

そして、新年のゲーム大会ではコマやべったん、カルタ、福笑い、はねつきなどなどみんなで楽しんで競ってあそびました。下の写真は『コマの手のせ勝負』と『はねつきのあと』です。

blog.jpg

blog.jpg


ほかにも毎年恒例のアイススケートやたこあげ大会などをしました。
年始からたくさんあそびました。やっほーーい!!


おまけ

ある日、遠足にいくとあの!「アントニオ○木」さんがいました。
ちょっと少年っぽいですが、愛想よくピースサインをいただきました。

blog.jpg


posted by kodomonosato at 11:37| Comment(0) | TrackBack(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする