2013年12月30日

良いお年を

みなさま、今年もあとわずか1日となりました。


目を閉じて、今年1年、何があったかなと考えたのですが、
寝てしまいそうなのでやめました。


簡単ですが、12/25にあったクリスマス会の様子をお伝えします。


ブログ5.jpg

はじまりはろうそくに火をともし、お祈りをします。


幼児、小学生、中学生、高校生がそれぞれだしものをします。

今年は幼児さんが聖劇をしました。

ブログ4.jpg

小学生は『花のき村のどろぼうたち』という親切などろぼうたちのお話の劇をしました。

ブログ3.jpg

中学生は絵本の『もっちゃうもっちゃうもうもっちゃう』をモチーフにおしっこをしたい女の子が変なきりんやようかいなどに会ってしまう劇をしました。

ブログ2.jpg

ほかには西成のヒップホッパー(というんでしょうか)のSHINGO西成のミニライブやコントや歌などの飛び入りコーナーなどがありました。

また、ローストビーフやケーキなどをたくさん食べて、最後にはサンタさんからのプレゼントがありました。

楽しいおいしいうれしいクリスマス会になりました。

ブログ.jpg



みなさん、本年はほんとうにお疲れさまでした。

来年もどうぞこどもの里をよろしくお願いします。


良いお年を



おまけ

12月の変な顔(姿)大賞は・・

顔ブログ.jpg

とてもかわいいポーズです。
posted by kodomonosato at 21:36| Comment(0) | TrackBack(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年12月17日

たのしいことが待ってると人は我慢できる

寒いですね。
あったかいお鍋を誰かといっしょに食べましょう。
ぜったいおいしいはずです。
やっぱり日本の冬は鍋ですよね。
と思う今日この頃、みなさんにとって冬ってなんですか。



さて、クリスマスが近づいてきました。

こどもの里では、クリスマスクッキー作りをしました。

ブログ.jpgブログ2.jpg

生地作りをして、寝かして、こねて、型をぬいてデコレーションをして焼きます。

里のクッキーは卵や小麦粉などシンプルな材料で、とってもとってもおいしいです(嘘だと思ったらクリスマス会以降に食べにきてください)。
ただ、なにせ100名分!作るので量はすごいことになります(10種類くらいのクッキーを100名分)。
すべてを焼き上げるのに4〜6日間くらいかかります。
クッキー屋さん状態です。

そこでの強力な味方がこどもたちです。
少し難しい作業は中高生たちにまかせて、飾りつけなどは幼児さんや小学生がしてくれます。
食べたいのを我慢しつつ、すべて焼き上げました。


そして、今はクリスマス会でするこどもたちの劇やだしものの練習がはじまっています。

たのしいクリスマス会にしますよ〜


posted by kodomonosato at 15:22| Comment(1) | TrackBack(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年12月13日

年末ワークキャンプの参加者を引き続き募集しています!

こどもの里ホームページのお知らせコーナーにもアップしていますが、
今年も年末に『釜ヶ崎ワークキャンプ@こどもの里』を行います!!

日本の縮図とも言われているこの釜ヶ崎で、
こどもたちやおじさんたちと出会い、気づき、学び、共に時間を過ごす、
そのことが参加される皆さんにどのような変化をもたらすのかはわかりませんが…

出会うこと、気づくこと、学ぶこと、共に時間を過ごすこと、
これってどれも本当に素敵なことだと思うのです。

みんな忙しい年末ですが、
こどもの里の年末は、忙しくとも何ともおもしろい時間がいっぱい詰まっています。

そんな、おもしろく素敵な時間に興味・関心のある方は、
このワークキャンプをきっかけに、ぜひこどもの里や釜ヶ崎という街に出会いに来てみてください☆


詳しくはこどもの里ホームページにて
http://www.k5.dion.ne.jp/~sato/



posted by kodomonosato at 10:36| Comment(0) | TrackBack(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年12月11日

こどもの里で得すること!A

みなさん、年末ですよ。年末。

大そうじとか返せなかったお礼など今年中にやらないといけないこととかありませんか。

わたしはあるようなないような。(笑うしかない)


前回、お手伝いについてお話ししました。

こどもたちは家ではなかなかお手伝いをしません。
家でお手伝いをするこどもはなかなか”できた”こどもだと思います。

でも、別の場所に行ったときにはできるということがあります。
学校では、あまり真面目ではないこどもが部活や違う活動の時に力を発揮していきいきするみたいに。


さて、今回もお手伝いです。


こどもの里では、毎月の活動に『おやつ部』、『料理クラブ』があります。


『おやつ部』は月に数回、部員が集まりおやつを作ります。

自分が作りたいもの、食べたいものを決めて、みんなで作ります。

生クリームを作ったり、クレープを焼いたり、デザートの盛り付けをしたり。
そのデザートがその日のみんなのおやつになります。

ブログ2.jpgブログ.jpg


ブログ.jpgブログ.jpg


おやつ部は日程を決めて、部員も決めていますが、
だれであれやりたいこどもたちがやる、というスタンスでやっています。

おかし作りの参加費用は特にありません。
食べるためのおやつ代50円だけです。



そして、『料理クラブ』があります。

これもスケジュールに記載していますが、特に部員を決めることなく、
その時にいる料理を作るのが好きなこどもたちが自然に手伝ってくれます。

たまねぎの皮をむきたい、包丁できゅうりを切りたい、野菜や肉を炒めたいなど
こどもたちのやりたい気持ちでやっています。
決して強制ではありません。


burogu.jpgブログ4.jpg

こどもの里は、土日祝日の昼ごはんを提供しています。
もちろん手作りです。

通常、大人を含めて25〜35人くらいの量の食事作りをしています。
炊飯器はなんと3升炊きのものを作っています。
なので、やる作業もたくさんあり、こどもたちのお手伝いは本当に助かっています。

好きなこどもはもくもくと作業に集中しています。会話しながらすることもあります。


先日、イタリア料理のシェフの方々が来られて、こどもたちといっしょにご飯作り(パスタですが)をしました。

ブログ2.jpgブログ.jpg


”プレイセラピー”という言葉があるように、あそびには疲れたこころを癒す効果があります。

それはこどもたちだけでなく、おとなにも同じことがいえます。
パズルゲームをしたり、スポーツしたり、友だちとあそびにいったり(”プレイ”になにが含まれるかわかりませんが)。

そして、”料理作り”にもそんな効果があるのではないかと思います。
詳しいことはわかりませんが、疲れたときに料理作りに没頭すること、
特に手先を使って集中することはとてもよいことのように感じます(個人的な感想です)。


料理作りをすることで、こどもの里での料理作りには費用はかかりません。
昼食代の250円だけです(食べなければ0円です)。



こういった経験があると、お嫁にいきやすかったり、お婿にいきやすかったりしないでしょうか。
そこまでいかなくても、”料理ができる人”は「あいつ(あのこ)やるやん」とまわりからちょっと尊敬のまなざしでみられると個人的に思います。
チャーハンが作れるのと作れないとでは作れる方が断然いいですよね。


これって、得と思いませんか?



クリスマスをひかえ、こどもの里ではクリスマスクッキー作りがはじまっています。
生地作り、型ぬき、焼き上げなどの工程にもちろんこどもたちも加わってくれています。
こどもたちの楽しい姿がありますよ。


また、報告できたら報告しますね〜
posted by kodomonosato at 12:10| Comment(0) | TrackBack(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年12月02日

こどもの里で得すること!

みなさん、そろそろ年末ですよ。

年賀状の準備など進んでいるでしょうか。
僕はまだまったく何もやってません。


12月のスケジュールアップしたので、また見てくださいね。



さて、こどもの里ではこどもたちがいろんなお手伝いをしてくれます。
今日はそんな話をお届けします。


こどもの里は平日にあそんだり、土日祝日に遠足いったり、
あそんでばかりいると思ったら大間違いです。

さまざまなところでバザーをしたり、おまつりでからあげやフライドポテトを売ったり、
駄菓子屋をしたり、雑貨や衣類を売ったりしてすこしでも運営費をつくっています。
なので、HPでバザーのための物資をお願いしているのです。


お祭りでお店をやるのはもちろんスタッフ含めボランティアさんと切り盛りするのですが、
こどもたちも手伝ってくれます。

店でのおとなの動きをみながら自分がしたい(できる)と思うこどもは自然に店のなかに入ってきて、
店番や商品を袋につめてお客さんに渡したり、大きい子はお金のやりとりもします。

自然と”働く”ということを学んでいるのです。

ブログ.jpgブログ.jpg

夏にある地元の祭り『釜ヶ崎夏祭り』ではフライものや駄菓子、かき氷、ヨーヨーすくい、ビー玉ころがし、10円おとしなどたくさんのお店をするので、こどもたちもたくさん手伝ってくれます。
慣れているこどもたちにはこちらからお願いもします。

新ブログ.jpg新ブログ2.jpg

夏だけでなく祭りの多い秋にもお店をたくさん出します。その大変な準備をするのもスタッフですが、こどもたちはそれを見て手伝ってくれることもたびたびです。

また、毎月はじめの1週間くらいはこどもの里の前でバザーをしています。
こどもたちはそのバザーの荷物の出し入れを手伝ってくれたり、『いらっしゃい!いらっしゃい!』と
声をあげて売り子をしてくれます。

お店屋さんごっこの延長のような形で手伝ってくれるこどもたちもいますが、そんな体験を通してこどもたちは”働く”ことを学んでいるのです。



そして、こどもの里は施設利用料がかかりません。


これって、得と思いませんか?



そんな自慢(?)はさておき、いよいよ年末です。

クリスマスのバザー、クリスマス会の準備、年末ワークキャンプと大バザーと
てんやわんやの毎日がやってきます。おとなとこどもでがんばりますよ!


できるかぎりブログは更新したいですが、
できなかったらすみません。


がんばっていきまっしょい!!



おまけ

先月(11月)の変な顔大賞!!

ブログ.jpg


posted by kodomonosato at 21:47| Comment(0) | TrackBack(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする