2013年05月27日

昔のことを思い出そう

みなさん、こんにちは。
少しずつ少しずつ陽射しが強くまぶしく感じます。
初夏です。

さて、こどもの里ではすこしでも運営費を捻出するために、地元のお祭りやイベントなどに
お店を出しています。
毎年恒例の夏祭りでは、かき氷やから揚げ、フライドポテト、スーパーボールすくい、金魚すくい、10円おとし、あなぼこ(薄い紙が貼られた箱のいくつかの穴におもちゃが入っていて、それをボコッと手を入れるもの)などをします。たべものを売ったり、ゲームコーナーをしたり。そして、こどもたちに大人気なのが『駄菓子屋さん』です。

ブログ.jpgこどもの里の駄菓子屋の風景


10円で大好きなあめちゃんやガムが買えてそのほかいろいろなおかしが売っています。
数百円を握りしめ、どれを買おうかと選んでいるときのこどもたちのビー玉のような目つきは真剣そのものです。そして、お子さんを連れたお父さんが「あっこれ、なつかしいなぁ。お父さん、こどものころ、よー食べたなぁ」なんて会話があったりします。

そこにはこどもたちの小さな世界が広がっています。

5.jpgブログ2.jpg

おとなになって、駄菓子屋さんを再度訪れたときに懐かしさとともに、こんなものによく喜んで買っていたものだと少し感心したことが思い出されました。今はもうそのお店はなくなってしまったけど。


そんなわけで、利益は薄いけど、こどもの里では駄菓子屋さんをやっていく所存なのであります。


おまけ

ブログ4.jpgこれはこれでひとつの世界があるんだと思います・・
posted by kodomonosato at 21:10| Comment(0) | TrackBack(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年05月13日

自然が眩しいです

葛城山へ挑んだ昨日。
天気も絶好で(最近の遠足は雨にあたってたのですが、今回はいいお天気☆)
ほんと、気持ちいい山登り!
電車を乗り継いで御所駅まで。
出発が遅れてしまったのと、乗り継ぎの待ち時間が長く駅に着いたのはお昼近くふらふら
早速、登山口まで歩きます。
ブログ2.jpg
歩道を歩くこと約1時間。
暑い日ざしの中、ちょっとした発見を探しつつ頑張って歩きました。
お腹がすいてヘトヘトになりかけた頃、ようやく登山口へ。
脇に流れている水に癒されてごはんタイムレストラン
ブログ3.jpg

時間を見て、頂上に行くのは諦め、いける所まで登って引き返すというルートに変更。
今回ももちろん「歩くぞ!」ということ前提で呼びかけて参加したこども達。
中にはまだ幼児さんもいて、ちょっと厳しいかな〜と思いつつも、
山道を歩いて行きました。
ブログ.jpg
途中で沢山の人たちに出会い、「頑張れよ〜」と声をかけてもらい、
結構ハードな道をひたすら歩きます。
「ホ〜ホケキョッ」などの鳥の声やミミズやトカゲ、沢山の虫、そしてツツジなどの花や草木、
ちょっとした寄り道もして、「山道、楽しい」と汗をびっしょりかいた顔で言ってる子どももいましたわーい(嬉しい顔)
出会った人みんなに、「頂上はまだですか?」と聞いてその度「まだまだ〜」と答えが返ってきて
毎回凹んでる子もいましたが(笑)
なんとか引き返しの時間いっぱいまで、登ることが出来ました。
ブログ4.jpg

帰り道では、ヘトヘトになった幼児さんたちを乗せて駅まで車で走って下さった親切な人にも出会い、
(本当にありがとうございます)
10キロ強の道のりを皆歩いて来る事ができました。
しんどかったけど、充実した遠足。
「山、おもしろかった」との声るんるん 
次は頂上まで目指します!
posted by kodomonosato at 12:28| Comment(0) | TrackBack(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年05月12日

33年目になります。

5/5はこどもの日です。
そして、こどもの里が誕生した日でもあります。
こどもたちが主役の日です。

当日の様子をプログラムの順番で簡単に報告します。

1、本田神父のお話

ブログ.jpg

こどもの里がある釜ヶ崎の地域には誰にも名をしれずにあるいは引き取り手がなく死んでいく労働者がたくさんいます。そんな方々のための納骨堂が近くの『ふるさとの家』という場所にあります。そこには線香をあげて祈る場所があり、ふるさとの家を訪れた人たちがなぜか小銭をそこに置いていきました。そこに若い労働者がやってきました。たくさんの小銭にその若い労働者は500円玉を置き、いいました。「両替してくれ」。疑問に思いましたが、よくよく聞くとその500円はその労働者の有り金全部でそのなかの数百円を返してもらわないと食べられないとのことでした。そこには、どんな友だちであろうと助け合っていきていく心があるんではないか、それが大事なことではないか。そんなお話をしていただきました。

2、パエリアタイム

とにかく、うまいです。
こどもの里伝統のレシピにもとづいた伝統の味。えびと貝などの甘みがたっぷりごはんにしみこみます。

ブログ2.jpgうまい!!

3、高校生劇『地球のこどもたち』

ブログ3.jpg

人間たちの目先の便利さを追求するあまり地球が悲鳴にも似た警告を発します。それを聞いたこどもたちはおとなたち、地球の博士、そして地球と話し合いをしていく物語。有名な絵本を題材にして、地球の未来についてみんなで考えました。

4、幼児劇『わたしとあそんで』

ブログ4.jpg

ある女の子が森にあそびにいきます。そこでいろいろな生き物たちと出会います。バッタ、カエル、うさぎ、りすなど。女の子は遊びたいばっかりにその生き物を追いかけて「いっしょにあそんで!」といいますが、逃げられてしまいます。途方にくれた女の子はどうなるのか・・。絵本を基に演じました。
最後にみんなでげんきよく『こいのぼり』と『さんぽ』をしました。もちろん「かわいい!!」の歓声です。

5、小学生劇『わがままいっぱいの国』

海外の児童書を基にある少女の冒険の物語。砂漠でファラオ王にであったり、いろいろな魔法使いにであったり、さまざまなキャラクターがでてくる長大な劇でした。今までの小学生の劇のなかでもセリフがたくさんあり、上演時間も1時間近くありました。そのたくさんセリフを2,3週間で覚え、演技した小学生に拍手です。

ブログ10.JPG

6、ちょんちゃんの紙芝居

毎年、来てくださっているちょんちゃんの紙芝居。特に愛らしいキャラクターがでてくる(今年はちゃんちゃん自身がでていました)紙芝居とクイズにはみんな目が輝いていました。

ブログ6.jpgブログ7.jpg紙芝居のあとはせんべいに好きな絵を描いてくれます

7、中学生劇『GTリュー』

ドラマのGTOを手本にした劇。熱血教師が生徒の問題をほっておかずに解決するかっこよさをリュー先生は演じれていました。もちろん、コミカルな場面もありでみんな大笑いしました。
ブログ8.jpg途中、最近流行した『江南スタイル』を踊りました。

とまぁ、こんな様子のこどもの日でした。
あとは、恒例のおやつタイムではみんなで手作りワッフル(昼まえからボランティアさんが作り続けてくれます。感謝です。)を食べたり、飛び入りでコントや歌を披露してくれたりしました。最後には、みんなのお楽しみ『くじ引き』をして、こどもたちはいろんな景品をもってかえったのでした。


なかなかもりだくさんの1日でした。

posted by kodomonosato at 18:10| Comment(0) | TrackBack(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年05月06日

大型連休最終日♪

連休最終日のこどもの里はいつもより少しだけまったりしております。
それでもこどもたちは、朝から元気にずーっとあそび続けてますよ♪

さて、昨日はこどもの里33周年&こどもの日のパーティーでしたぴかぴか(新しい)
ほんとにたくさんのこどもたちと大人が集まってくれて、とても楽しい1日になりました★

が、その報告はまた後日ゆっくりさせてもらうとして…(笑)

今日のところは4月のこどもたちの姿として、ごはんづくりの様子をアップさせてもらいまーす目

4月の料理クラブ中の様子↓
一生懸命お米をといでくれる6年生。
ブログa.jpg
これで2升ですが、炊いた分全部なくなりました!
最近みんな食欲旺盛です

そして、ピーマンの肉詰め用のお肉と玉ねぎをこねてくれたおふたり。
ブログb.jpg
ノリノリでお肉をこねて詰めて焼いて…と全部やってくれました。

最後は高校生のMちゃんがつくってくれたサラダぴかぴか(新しい)
ブログc.jpg
テーマはズバリ「お花」ですかわいい
きれいに咲いておりましたぴかぴか(新しい)

みんなで作ってみんなで食べるごはんって本当においしいですよね手(チョキ)
みんな、ほんとに頼もしいこどもたちです晴れ
posted by kodomonosato at 16:21| Comment(0) | TrackBack(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする