2012年03月20日

春分の日です。

まだ少し肌寒いな〜と感じていますが、暦の上では春ですねるんるん

18日の夜からスタッフが4人の高校生を連れて東北・仙台へボランティア活動をしに出かけました。
一週間の予定です。
皆で行くことはできませんが、また帰ってきたらお話を聴きたいと思います。

里の今日の行事は、「西成再発見!まちあるきポイントラリー」をしてきましたひらめき
まずは区役所まで歩いて地図と問題が描かれた用紙をもらいスタートです。
5つに分かれたグループがそれぞれ一人300円のお小遣いを握りしめ、やりくりしながらポイントを巡っていきます。集合時間は5時。それまでにクイズの答えを集めてゴールを目指しました。
歩くのも好、電車やバスを使うのも好、途中でおやつを買うも好ぴかぴか(新しい)
何せ範囲が天王寺から玉出まであるので、だいぶと距離があります。
安くいける交通手段や、クーポンを使っておやつを買ったりとそれぞれが頭を使って、地図を広げ、ゴールを目指しました。
商店街の人とおしゃべりしたり、道行く人に案内してもらったり、裏路地をあるいてみたり、公園によってみたり、今まで知らなかった所を訪れたり…なかなかの冒険でこどもたちはとても楽しそうにしていました。
もちろん集合時間の5時には皆見事にゴールし、記念品をゲットしましたよ手(チョキ)
(ちなみに私の携帯についている万歩計は2万5千歩をこしていました!!!)
20120320112451.jpg
そういえば、歩いている途中、誰かの家のところに桜の花が咲いてました。
明日は小学校の卒業式かわいい
里に遊びに来ているこ達もたくさん卒業します。
ついこないだまで1年生だったのに…なんてありふれてますが、ホントそう思います(笑)
いいお天気に恵まれますように晴れ
posted by kodomonosato at 21:28| Comment(0) | TrackBack(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年03月11日

お墓参りにいってきました。

まだまだ寒い日が続きますね。
春一番を待ちつつ。


みなさま、いかがお過ごしでしょうか。


今回はこどもの里で毎年、冬におこなわれている『こども夜まわり』の
最終回の報告をします。

『こども夜まわり』では勉強会をいつもしており、その中で知った
あるシスターたちのお墓に3/10に行ってきました。

簡単に説明すると、
さる1933年にフランスから日本の窮状を救うために6人のシスターが
やってきました。そのうちの3人がここ釜ヶ崎(西成あいりん地区)に来て
こどもたち、病気の人、貧しい人たちのために働きました(あとの3人は福岡にいったようです)。

見も知らぬ日本の貧しい人たちのためにやってきて働き、戦争が終わり、戦後の混乱の時代がきてもシスターたちはフランスに帰ることなく働きました。
戦後すぐあるシスターは当時流行していたチフスにかかり亡くなりました。当然、そういった病気の人たちのお世話をしていたからです。

そんな昔のあるシスターたちへの感謝の思いをもってお参りしてきました。
墓地の草をひき、墓標に水をかけ、きれいな花を供え、祈りました。
亡くなったシスターたちの力を感じました。


くしくも今日は、東日本大震災の日です。
たくさんの亡くなった方々、遺族の方々、さまざまな被害を受けている方々。なんといえばいいかわかりませんが、目をつむって『みんなが幸せになるように』と祈るしかありませんでした(こどもの里スタッフ けんじ)。


ブログ1.jpg
posted by kodomonosato at 21:12| Comment(0) | TrackBack(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする