2012年01月30日

寒い寒いといいながら・・

こどもの里は絶好調!

年始からたくさんの行事ごとがありました。


お正月の遊びをする『ゲーム大会』。
コマ大会にオセロ大会、はねつき大会、カルタ大会などなど。
そこでは、春の甲子園のようなドラマが生まれたのでした。
ブログ3.jpg←ドラマのあと(はねつき後)



恒例の『アイススケート&ビッグバン』の遠足。
ブログ4.jpg←飛んでます!ビッグバンにて。


この寒いのに淀川の河川敷までいって上げる『たこあげ大会』。
ブログたこあげ.jpg←まい上がるたこと変な柄のトレーナーを着る変な笑顔の女の子の画


そして、今年もはじまった野宿のおっちゃんおばちゃんらに会いに行く『こども夜まわり』。

今回、報告させていただくのは1/14(土)にあった
第1回こども夜まわりでのキム・キガンさんのひとり芝居です。

1時間半くらいに及ぶこの劇はすごかったです。

日雇労働者やそのこどもたちのおもしろくもかなしい物語を見事にうたい、演じあげていたと思います。

労働者として高度経済成長を支え、万博を作り、原発をつくった人たち。
しかし、不況がやってきたら生活ができなくなり、路上にでざるをえなくなってしまうおっちゃんたち。
そして、その息子、娘たちの思い。

25年間やってきたこどもの里の『こども夜まわり』では夜まわりに行く前に学習会を行います。
そこででてきた内容がたくさんセリフとしてでてきます。
また、こどもの里のこどもたちのこともたくさんでてきます。

「あれ(万博の太陽の塔)、わしがつくったんやぞ」と誇らしげな父と「すげ〜な〜、父ちゃん」と憧れのまなざしでみる息子。だけど、こどもにええもんをかったろうと原発に働きにいった父ちゃん(お金がいい)は少しずつ体を悪くして、息子といっしょに路上にでる。そこには語られない無名の釜ヶ崎の家族の物語が象徴されていました。

ほんとにおもしろかった。


詳しい話は、キガンさんのブログにあるのでどうぞ http://profile.livedoor.com/kigang/

ブログ1.jpgキガン芝居チラシ.jpg
posted by kodomonosato at 15:18| Comment(0) | TrackBack(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年01月14日

里が暮れていく

こどもの里の年末は、クリスマス会からはじまり、
その後が大掃除です。

日頃、お世話になっているおもちゃたちや本、壁(ボールがあたったりする)、
階段、イスと机などなどをきれいにします。
当然、おとなが主導してやっていきます。
もちろん里のスケジュール表にも大掃除とかいてあるので、
この日に来たらあまり遊べません。というか遊べません。

それでもこどもたちは来ると思いますか?

それがほとんどのこどもたちが来るんです。すごいでしょ。
今度、会ったときにほめてやってください。

大掃除はほんとに1日中そうじし続けます。

特に、グループ分けをしたりしないのですが、各自ができそうな(やりたい)仕事をみつけ、
やっていきます。おとなも当然指示したりしますが。

ブログ1.jpg←本を1冊ずつふいたり、補修したりします
そうじ.jpg←お世話になっているレゴたちもきれいにします

こうして働きに働いたあとに待っているのが、
もちつき大会です。

大会といっても、みんなでかわりばんこでもちをついていきます。
きねをつく人、こねる人。もちを運ぶ人。つくときにつかうお湯を沸かす人。運ぶ人。
つきあがったもちを形にする人。それを食べる人。まわりで注意されながらおにごっこをしてる人。
ひたすらおとなの背中につかまっている人。寝てる人。同学年でなにやら話しこむ人。などなど。
年末ブログ1.jpgブログ3.jpg

そして併行してやっているのが、年末バザーです。
年末の1週間ほどやっています。
ここでの売上げがキャンプや行事ごとなどの費用になります。



30日はもちつき大会。大晦日は鍋大会。
大会大会っていってますが、みんなで食う!だけですが。

そして、30日あたりからほんまに食い!まくります。

それまでバタバタとせわしなく過ごしているのですが、
大晦日の夕方頃からゆったりとした時間になります。
家や田舎に帰る人は帰り、里で過ごす人は過ごします。


スタッフや昔からの里っこたち(おとなも含む)はダラダラパクパクゴクゴクと飲み食いしながら過ごし紅白歌合戦、年越しをするのでした。


おまけ
ブログおまけ.jpg←もちろん泣いているのですが、笛が口と合体してるように見えませんか。おもしろいと思って。しょうもなくてすみません。。


posted by kodomonosato at 16:56| Comment(0) | TrackBack(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年01月09日

2011’クリスマス会のこと

みなさん、こんにちは。

まだまだ寒い今日この頃、風邪などひいていませんか。
ズボンの下にはくタイツは必須です。
そして、あたたかい赤色のダウンのベストもかかせません。
そしたら、みんなにおじいちゃんていわれてしまいました。
まだ、30代前半なのに。。


さて、昨年のクリスマス会のこと。

ほんとに楽しかったですよ。

プログラムは、

1、神林神父のお話
2、「聖劇」−中高生
3、「おばぁちゃんの誕生日」−幼児
4、「モンスターホテルでクリスマス」−小学生
5、李さんの科学実験
6、おやつタイム
7、とび入りコーナー

でした。
神父さまのお話は、東日本大震災で亡くなったある女性の話をしていただきました。
ろうそくの火がろうを溶かしながら燃えているように、世の中に火を灯して亡くなったひとのお話でした。
11クリスマス1.JPG

聖劇では、中高生の諸君が描いた紙芝居と歌を披露してくれました。

幼児さんの劇では、おばぁちゃんへ届けものをしにいくある女の子がいろんな動物たちに会うお話。はじめての経験だったのか、幕が開いた直後に笑顔のまま微動だにしないうさぎさんもいました。反対に、舞台が楽しくてハッスルしたきつねくんもいましたが。
クリスマス1.jpg←ハッスル中のきつねくん

モンスターホテルの劇は、クリスマスの晩にあるおじいさん(実はサンタさん)を助ける心優しきモンスターたちの話。顔をらくがきされた透明人間やなぜか人間にしっぽをつけたがる変な妖怪?しっぽぽ、しっぽぺ兄弟やドラキュラ男爵、デーモン一家、ドラゴンなどなどたくさんのモンスターたちがそれぞれの個性をだしていました。小学生の劇は練習も一生懸命にしていたので、息ぴったりでした。最後に歌った歌は(『YUME日和』ドラえもんの歌)終わった後にアンコールがでるくらい感動させました(実際、もう一度歌いました)。
クリスマス会5.jpg←『YUME日和』と『WE WISH A MERRY CHRISMAS』を歌いました

科学実験では、不思議な吹き矢ストローをつかった実験にみんな興味津々でした。
クリスマス2.jpg

そして、お待ちかねのおやつタイム。
からあげ、ドーナツ、オマールエビ、エクレアなどこどもが大好きな食べ物がたくさんで、みんな幸せだったことでしょう。
クリスマス3.jpg

最後に、とび入りコーナー。
SHINGO西成のライブ、女の子たちの韓国ユニットの歌と踊り、コント、2人羽織、高校生たちのデゥエットと盛りだくさんの内容でした。
11クリスマス2.JPG←「2700」というお笑いコンビのネタをして大うけでした


ここでは、楽しさを報告しきれないので、
物足りないなぁと思った方は、
2012年のクリスマス会に来て下さい!
posted by kodomonosato at 22:25| Comment(0) | TrackBack(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年01月05日

2012年がきたー!!!

新年挨拶.jpg

HAPPY NEW YEAR 2012


2011年は3.11の震災をはじめ、ちむぐるしい出来事がたくさんありました。

つくづく「命の大切さ」、「ヌチドゥ宝」を感じました。

まだまだ解決していないことや問題になっていることがたくさんあります。
何を大切にして物事を考えていくか。


日々生活し過ごしていく中で、
大切なこと「命こそ宝」を忘れず、
笑い合って、
想い合って、
これからも活動していきたいと思います。

ぴかぴか(新しい)今年もどうぞよろしくお願いいたしますぴかぴか(新しい)


★追伸★
忙しくてパソコンの前に座る暇もなかった年末の様子はまたアップしていきますので
もう少しお待ちくださいませ・・・ふらふら


posted by kodomonosato at 20:05| Comment(0) | TrackBack(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする